社会福祉士の職場.com

社会福祉士が活躍する現場

社会福祉士は幅広い職場で、
福祉のスペシャリストとして活躍します。

 

社会福祉士は、高齢者、障害者、児童などを対象とした
相談援助の福祉のスペシャリストです。

 

そして、昭和62年に制定された国家資格
「社会福祉及び介護福祉士法」に基づいた国家資格です。

 

社会福祉士は、社会福祉サービスを必要とする人が信頼して、
安心して相談できる専門家でなければなりません。

 

社会福祉士が活躍する職場はさまざまですが、
どの職場であっても、
社会福祉士が果たすべき職務は、
専門的知識、技術を持って相談に応じ、助言や指導を行うことにあります。

社会福祉士の仕事

社会福祉士サービスに関する相談や介護サービスの必要性は
年々増加する傾向にあります。

 

社会福祉士の援助を必要とする人とは

 

高齢者: 寝たきりの人、心身の不自由によって生活が難しい人

 

障害者: 身体障害者、知的障害者、精神障害者

 

子ども: 虐待を受けている子ども、子育てに悩みを抱えている親

 

医療機関の入院患者、医療機関の通院患者

 

低所得者: 失業、病気、災害などが原因で生活が難しい人

 

地域住民: 地域の中で自立した生活が難しい人

 

 

社会福祉士は、上記のような人を対象に、
幅広い領域で専門的知識、及び技術を持って、
助言や指導を行います。

 

そして、福祉サービス提供者、医師、
保健医療サービス提供者などとの連絡、
調整等の援助を行っていくことが必要です。

社会福祉士の活躍の場

社会福祉士が働く場としては、
福祉事務所、児童相談所、社会福祉協議会、
社会福祉施設、医療機関などがありますが、
近年は、社会福祉士が独立して開業し、
独立型社会福祉士事務所で活躍する場合もあります。

 

また、介護保険サービスや福祉機器などを扱う民間企業で
活躍する社会福祉士も増えています。

 

さらに、教育機関や司法機関での活躍も求められています。

 

これらの職場で働く社会福祉士は、
勤務先によって仕事内容が少しずつ異なりますし、
呼び名が異なります。

 

公的機関(都道府県庁・市区役所・町村役場・福祉事務所など)

 

ケースワーカーやソーシャルワーカーと呼ばれ、
地域住民のための福祉相談窓口業務、
福祉サービスの企画や実施を担当するなどします。

 

医療機関(病院など)

 

医療ソーシャルワーカーと呼ばれ、
患者さんや家族が抱える経済的問題に関する相談に乗ったり、
退院後の在宅生活に向けた助言などを行います。

 

社会福祉施設

 

生活相談員、或いは生活支援員などと呼ばれ、
施設で生活する高齢者や障害者の生活全般に関わる相談援助、
連絡調整を行います。

 

社会福祉士の資格を取得している人のうち、
最も多い就労先が、この社会福祉施設です。

 

社会福祉協議会

 

地域福祉の推進を担う社会福祉協議会の議員は、
地域によって地域福祉コーディネーター、
コミュニティソーシャルワーカーなどと呼ばれ、
住民主体の地域福祉活動を行います。
近年は、教育機関に所属し、学校などで
スクールソーシャルワーカーとして
子どもやその家庭が抱える問題に対応するなどしています。