社会福祉士の職場.com

福祉事務所

社会福祉法に規定された「福祉事務所」では、
社会福祉行政の中心を担っている組織です。

 

福祉事務所で働く社会福祉士は、
地域の市役所などで福祉を担当する専門職として
活躍しています。

 

福祉事務所の業務は、生活保護法、児童福祉法、
母子及び寡婦福祉法、老人福祉法、身体障害者福祉法、
知的障害者福祉法に定める援護、育成、抗生の措置に関する事務があります。

 

このような業務を行うためには、
法令に関する知識を欠かすことができません。

 

行政機関である福祉事務所で働くということは、
公務員になることです。

 

ですから、福祉事務所で働く社会福祉士になるためには、
まず地方公務員試験に合格する必要があります。

 

そして、地方自治体によって採用方法が異なります。

 

採用方法としては、福祉専門職として採用する場合と、
一般職で採用する場合があります。
希望する自治体の採用条件を確認してください。

 

また、福祉事務所で働くためには、
社会福祉主事という任用資格が必要です。