社会福祉士の職場.com

児童相談所

児童相談所は、子どもに関係する相談に応じ
子どもが心身ともに健やかに育つことができるように
子どもや家庭を援助する期間で、
児童福祉法によって都道府県に設置が義務付けられています。

 

各都道府県や政令指定都市、中核市に設置され、
18歳未満の児童(子ども)福祉の専門機関として機能しています。

 

児童相談所では、
児童への虐待対応、
子どもの発達や非行、不登校等に対する相談を行い、
緊急の場合は児童の安全を確保するために、
一次保護を行っています。

 

このような児童相談所で働くためには、
まず、公務員試験に合格することが必要です。

 

近年は、暴力や育児放棄等の児童虐待が深刻化していているため、
専門的な知識と技術に基づいて支援を行っていくことが必要です。

 

そのための専門知識と技術を持った社会福祉士の活躍が
期待されています。