社会福祉士の職場.com

高齢者福祉関連施設

高齢者福祉関連施設には、老人福祉法や介護保険法などに基づいた
いろいろな形態の施設があり、
それらの施設で多くの社会福祉士が活躍しています。

 

高齢者福祉関連施設の例としては、
特別養護老人ホームやデイサービスセンターがあります

 

これらの施設には、生活相談員が配置されています。

 

生活相談員は、高齢者本人や家族の日常的な相談に応じたり、
施設内のいろいろな業種や他の機関との連絡調整を行います。

 

生活相談員になるためには、
資格要件として社会福祉主事が求められますが、
近年は、社会福祉士に限定し、採用する施設も多くなっています。

 

また、高齢者福祉施設として、
地域包括支援センターもあります。

 

地域包括支援センターには、
社会福祉士1名の配置が義務付けられていて、
主に在宅で生活する高齢者の権利擁護や介護予防に関する業務を行います。

 

地域包括支援センターは、市町村の行政が直接運営している場合もありますが、
社会福祉法人や医療法人などに運営を委託している場合もあります。

 

採用試験は行政直営の場合は公務員採用試験を受けることが必要です。

 

社会福祉法人や医療法人などで働く場合は、
施設を運営する法人で採用試験を受けます。