社会福祉士の職場.com

司法関係施設

社会福祉士が、司法関係施設、
たとえば、少年院や厚生保護施設、地域生活定着支援センターなどに
配置されることが多くなっています。

 

これらの司法関係施設は、
社会福祉士が活躍する現場としては新しい領域ですが、
高齢者や障害者が受刑者の中にいるという現状があり、
特に満期出所者に対して、
福祉サービスにつなぐ円滑な仕組みがないことにより、
再犯リスクが高まっているという背景があります。

 

このような現状がある中、
地域生活定着支援センターに社会福祉士を配置し、
刑務所から地域生活への以降を支援しようという動きがあります。

 

少年院などへの採用試験は、法務省が行います。

家庭裁判所調査官

家庭裁判所調査官は、家庭裁判所に配置されています。

 

家庭裁判所調査官は、
児童虐待、少年犯罪では少年少女と面接を行います。
そして、今後、どのように対応することが望ましいかを
裁判官に報告したり、意見を言うなどの重要な役割を担います。

 

家庭裁判所でも、このような重要な仕事を担う
社会福祉士の活躍が期待されています。

 

家庭裁判所調査官の採用試験は、
裁判所が行っています。